Top > ウォーターサーバー選びのポイント > お水の採水地と種類で比較

お水の採水地と種類で比較

ウォーターサーバーの比較のポイントの記事で、ウォーターサーバーを選ぶ際のポイントをいくつか挙げましたが、採水地とお水の種類、味も皆さん気になるところでしょう。

お水の採水地は原発事故の影響もあり、九州や中国地方といった西日本を選ばれる方が増えています。

ウォーターサーバーのお水はほとんどが山梨県以西ですし、放射性物質検査もかなりこまめになされていますから、どこのお水を選んでも心配する必要はないでしょう。

ですから、お水そのものの特徴で採水地を選ばれるといいと思います。

お水の商品名、銘柄が「金城の華」「日田の誉」「富士の天然水」等とあるように、お水の採水地が銘柄になっているので、採水地とお水の成分を確認して味比べをしてみるのも面白いと思います。

扱っているお水が1種類のところもありますが、コスモウォーターや恵ウォーター、オアシスウォーターは4つの採水地のお水が選べますから、各地の名水を飲んでみたいという方にはおすすめです。

お水の種類はRO膜で不純物を取り除いたピュアウォーターとくみ上げた天然水を沈殿、濾過、殺菌したままのものとに分かれますが、おいしさを優先するならやはり天然水がおすすめです。

天然水も加熱殺菌せず、くみ上げたお水をそのままボトル詰めしたものはお値段が高めですが、お水そのもののおいしさが味わえるので人気があります。

ウォーターサーバー選びのポイント

関連エントリー
ウォーターサーバーのデザインをどう考えるかお水の採水地と種類で比較価格でウォーターサーバーを選ぶならウォーターサーバーのお水の放射性物質検査ウォーターサーバー本体の安全性ウォーターサーバーの比較ポイントRO水と天然水どちらを選ぶべきか