Top > ウォーターサーバー選びのポイント > ウォーターサーバー本体の安全性

ウォーターサーバー本体の安全性

ウォーターサーバーを検討される際にお水そのものの安全性については皆さん気にされるのですが、ウォーターサーバー本体の安全性にはあまり確認されない方が追いようです。

ウォーターサーバー本体の安全性とはサーバー内部の衛生面での安全性と本体の転倒防止策といった点になります。

ウォーターサーバー内部で細菌類が発生しないようなつくりになっているかどうか確認しましょう。

ウォーターサーバー業者の公式サイトやカタログ等には「無菌エアレスシステム」「クリーンエアシステム」といった表記がされているでしょう。

サーバー内部に出来るだけ外気が入らないようになっているか、あるいは空気が入るのであればその空気に混じった細菌類やウイルスを除去できるような仕組みとなっていることが大切です。

また内部に熱湯を循環させることで除菌することのできる温水サーキュレーションシステムを搭載しているものもあります。

安全性を極限まで高めるためにウォーターバックとサーバー内部に空気が入らない仕組みの真空構造としているものも注目されています。

サーバー本体は卓上型は高さが比較的低いため転倒のリスクは少なくなりますが、床置き型は重さのあるお水のボトルが上部に設置されるためどうしてもバランスが悪くなります。

最近ではサーバー本体の転倒防止策もしっかりと施されてきていますので、ウォーターサーバーを比較する際には、お水の安全性だけでなくサーバー本体の安全性にも注意して比較しましょう。

ウォーターサーバー選びのポイント

関連エントリー
ウォーターサーバーのデザインをどう考えるかお水の採水地と種類で比較価格でウォーターサーバーを選ぶならウォーターサーバーのお水の放射性物質検査ウォーターサーバー本体の安全性ウォーターサーバーの比較ポイントRO水と天然水どちらを選ぶべきか