Top > ウォーターサーバー選びのポイント > 価格でウォーターサーバーを選ぶなら

価格でウォーターサーバーを選ぶなら

ウォーターサーバーの価格はお水のお値段とウォーターサーバー本体のレンタル料、メンテナンス料、一部地域の配達料で確認しましょう。

お水のお値段は12リットルボトルで950円?2,000円程度までとかなり開きがあります。

価格の安いものはほとんどがRO濾過のお水です。

RO濾過のお水は原水が水道水であるものも多く、RO濾過によって不純物がほぼ完全に除去されますので原価が安くなり商品価格も安く出来るのです。

天然水は管理コストが高くなることと、生産量に限りがあるためどうしてもお値段は高めになります。


味はやはり天然水のほうに軍配が上がりますが、料理にはRO濾過のお水のほうが素材の持ち味を生かせるという意見もあり、使い方によってはRO濾過のお水で十分というケースもあるでしょう。

また、企業や病院の待合室等での使用の場合は使用量も多くなりますから割安感のあるRO水がいいという場合もあるでしょう。

ウォーターサーバー本体のレンタル料は最近ではお水の料金に含まれているということが多く、「サーバーレンタル料無料」としているケースが多いようです。

RO濾過のお水はお水自体のかかくの割安感を感じる代わりに、サーバーレンタル料を600円?1,500円ほど毎月発生するということもあります。

サーバーレンタル料は固定費となりますので、少人数の一般家庭などでは逆にコストアップになることもありますのでじっくり比較検討してみましょう。


このほか契約から1年未満で解約すると解約手数料が5,250円?10,500円程度かかるものもあります。

お申し込みの際には一応解約に関する規定がどうなっているのかを確認しておきましょう。

ウォーターサーバー選びのポイント

関連エントリー
ウォーターサーバーのデザインをどう考えるかお水の採水地と種類で比較価格でウォーターサーバーを選ぶならウォーターサーバーのお水の放射性物質検査ウォーターサーバー本体の安全性ウォーターサーバーの比較ポイントRO水と天然水どちらを選ぶべきか