Top > ウォーターサーバーの知識 > ウォーターサーバーのこれから

ウォーターサーバーのこれから

東京都知事選の争点が原発問題、つまり脱原発という候補者と、原発は安全を確保しながら引き続き使い続けるという主張をする候補者の2パターンが話題になっています。

ここで私が原発に賛成か反対かを論じることはしませんが、2011年3月の原発事故以降、何が一番不安にさせたかと言えば、水道水への放射性物質の混入の問題かと思います。

これまで当たり前のように蛇口をひねり、毎日の生活のための水として、食事を作る、食器を洗う、洗濯をする、掃除をする、入浴するという生活のあらゆるシーンで当たり前のように水道水を使っていた私たちにはその安全性に不安を感じるようになる。

これは大きな衝撃を与えずにはおられない状態となったのです。

特に小さなお子様や赤ちゃんのいるご家庭では水道水の安全性に対する不安というのは一般のご家庭とは比較にならないほどの大きな問題でしょう。

都内の一部では実際に浄水場で放射性物質が基準値の数千倍もの高い数値が検出されたりと言ったニュースも発表され、店頭のミネラルウォーター類の在庫はなくなる事態となってしまいました。

こうした事情から古来、安全で高品質な水道水を誇っていた日本でも安全な水に対する認識が非常に高まり、ウォーターサーバーも急速に認知度が高まりました。

原子力発電所に関係する放射性物質の拡散の不安とは今後数十年もの長きにわたり私たち東日本の住民は戦っていかなくてはならなくなってしまいました。

今後も一層、ウォーターサーバーに対するニーズが高まっていき、こちらの記事でも取り上げたように洗濯機や冷蔵庫テレビと同じように身近な家電製品となっていくのではないでしょうか?

これからウォーターサーバーを検討される方は、下記のサイトでウォーターサーバーを比較検討してみてください。

ウォーターサーバー 比較

ウォーターサーバーの知識

関連エントリー
ウォーターサーバーのこれから安心して飲める水とは安心安全な水を選ぶために