Top > ウォーターサーバーの知識 > 安心して飲める水とは

安心して飲める水とは

日本は世界的に見ても良質な水が低価格で飲める国といえます。

まだ航空機が一般的でなかった時代には海外諸国との交通手段は船舶が中心でした。

外国船が入港する神戸や横浜では入港すると食糧や燃料、水を補給しますが、コウベウォーター、ヨコハマウォーターと呼ばれるほど良質な水として「お水のブランド」ともいえるほど評価が高かったのです。

軟水で口当たりがよく、高い品質基準で管理される日本の水道水は外国航路の船舶に積んでも長期間品質が保たれることで高く評価されたということです。

長らく日本の水道水は良質で安心して飲めるものではあったのですが、最近では水道水をそのまま飲み水として利用する人は少なくなりましたし、2011年の原発事故により、放射性物質の混入を不安視する方がおおくなり、水道水に対する信頼は一気に落ちたといえるでしょう。

店頭に並ぶミネラルウォーター類はこれまでほとんどタダ同然で水を使ってきた人にとっては気軽に使えるかというとやはり、料理や飲み水、お茶に使うのが普通でしょうし、まとまった量を購入するとなると重さもかなりありますのでなかなか大変ですね。

ウォーターサーバーの人気はこの安心して飲める水を自宅まで配送してくれるというところにあるといえましょう。

水道水に対する不安が大きくなることを受けてウォーターサーバー各社はお水の安心感にはひじょうに気を配っており、採水地も九州や中国地方と西日本が中心です。

放射性物質については皆さんひじょうに神経質になっているようですが、各社とも採水地を厳格に管理し、検査体制も万全といえますからまず心配ないでしょう。

ウォーターサーバー本体の安全性にも以前に比べて配慮されていますから、安心です。

赤ちゃんから小さなお子さん、家族みんなで安心して飲めるお水はウォーターサーバーが一番といっていいでしょう。

ウォーターサーバーの知識

関連エントリー
ウォーターサーバーのこれから安心して飲める水とは安心安全な水を選ぶために